本文へスキップ

秘書検定1級・準1級・2級・3級の合格に向けてしっかりサポート!

> > ファイリングデザイナー検定

ファイリング・デザイナー検定はどんな試験?

 ファイリング・デザイナー検定は、紙情報や電子情報の整理・保管をするファイリングに関する知識・技能を問う検定であり、ファイリングスキルの向上は仕事の効率化や生産性の向上につながります。ファイリング・デザイナー検定がどのような検定か理解しておきましょう。

<この記事の著者> うさっぴ先生
 秘書を目指す人だけでなく、社会人としての基本となるビジネスマナーを身につけたい人が資格取得できるよう、秘書検定をわかりやすく解説します。

目次



ファイリング・デザイナー検定とは


 ファイリング・デザイナー検定は、紙情報や電子情報の整理・保管をするファイリングに関する知識・技能を問うものです。

 オフィスには紙情報や電子情報があふれており、これらを整理・保管し、検索・活用しやすい状態にする事はオフィスワークの基本でなり、ファイリングスキルの向上は、仕事の効率化や生産性の向上につながります。

 紙の書類であろうと、電子データであろうと、情報の発生しない業種はないため、このファイリングする技術は官公庁や企業、病院、大学などあらゆる業種に活かすことができます。

 試験方法は2級、3級がCBT形式、1級はCBTに加えて文字入力があります。

ファイリング・デザイナー検定の試験概要


 以下にファイリング・デザイナー検定の概要を示します。

受験資格 制限はなく誰でも受験できる
試験地 全国主要都市
(全国のテストセンター約170会場で受験可能)
試験日程 年2回 (6月頃、12月頃)
試験方法
CBT方式(1級は文字入力もあります)
※試験時間は2級3級が60分、1級が90分
各級のレベル
○1級
 組織内におけるトータル・ファイリングシステムを設計・維持管理・指導できる知識技能を有する
○2級
 組織内におけるトータル・ファイリングシステムを導入・維持管理できる知識技能を有する
○3級
 情報活用の基本とファイリングシステムの基礎知識を有する

受験料 ○1級:8640円
○2級:6480円
○3級:4320円
実施団体 (社)日本経営協会
〒151−0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3−11−8
電話03−3403−1472


関連記事
CBS(国際秘書)検定
実用マナー検定
ビジネス実務マナー検定
ビジネス文書検定
TOEICテスト
日商ビジネス英語検定
実用英語技能検定(英検)
キータッチ2000テスト
パソコン検定試験(P検)
話しことば検定
硬筆書写検定
速記技能検定