本文へスキップ

秘書検定1級・準1級・2級・3級の合格に向けてしっかりサポート!

> > 難易度と合格率

秘書検定は難しい?
各級の難易度と合格率、受験者の傾向

 秘書検定は秘書を目指す人だけでなく、ビジネススキルの向上を目的とした社会人や、就職活動でのアピールを目的とした学生の受験者がたくさんいます。各級における受験者の傾向や合格率、難易度について理解しておきましょう。

<この記事の著者> うさっぴ先生
 秘書を目指す人だけでなく、社会人としての基本となるビジネスマナーを身につけたい人が資格取得できるよう、秘書検定をわかりやすく解説します。

目次



秘書検定の受験者全体の状況

 秘書検定全体の受験者の状況を見てみると、一番多いのは大学生で全体の約37%となっています。やはり就職対策として秘書検定を受験していることがわかります。

 二番目に多いのが高校生で全体の約23%であり、理由は大学生と同じであると言えます。

 一方、三番目に多いのが会社員等の社会人で、全体の約16%となっています。この受験者の多くは秘書を目指している訳ではなく、社会人としてのマナーや接遇能力の向上のために受験していると言えます。

 会社によっては会社単位の団体で受験しているケースもあり、秘書検定が社会人の基礎能力養成に役立つ資格として、社員教育に活用されています。

 四番目以降として、専修・各種学校生が約11%、短大生が約6%と続きます。秘書検定と言うと現役秘書がたくさん受験しているイメージがありますが、秘書の受験者は全体の約1〜2%に過ぎません。


各級における受験者の職業別割合

 秘書検定の受験者の職業別割合を見てみると、各級によってその割合は大きく異なっています。3級は秘書検定の入門レベルということもあり、高校生が38%と最も多くなっています。次いで専門学校生、大学生の順になっています。

 2級は社会人としての最低限のビジネススキルが求められるレベルであり、就職活動でのアピールポイントともなります。そのため、大学生が全体の45%を占め、専門学校生、短大生、高校生、会社員と続きます。

 準1級になると大学生が37%、会社員が14.8%で、専門学校生、短大生と続きます。全体的に学生の受験が多く、就職の準備や社会人としての常識を学生のうちに身に付けておきたいといった動悸がうかがえます。


秘書検定3級の合格率と難易度

 秘書検定3級は秘書検定の入門レベルに位置付けられており、高校生も多く受験しています。面接試験はなく、出題の9割がマークシート形式であるため、難易度は低く設定されています。

 合格率は試験の回によって結構な変動があり、50%台まで落ち込むこともあれば、70%を超える回もあります。概ね、秘書検定3級の合格率は60〜70%で推移しています。

 3級は2級と併願することができるため、2級を受ける際の滑り止めとして受験することも可能です。以下に、過去に実施された秘書検定3級の合格率を示します。

受験者数 合格者数 合格率
119回 11858名 6220名 52.5%
118回 14375名 10244名 71.3%
117回 11548名 7714名 66.8%
116回 13175名 7321名 55.6%
115回 15382名 8508名 55.3%
114回 12212名 7813名 64.0%
113回 13639名 9036名 66.3%
112回 17305名 12622名 72.9%
111回 12359名 8179名 66.2%
110回 14713名 8968名 61.0%
109回 18101名 10159名 71.5%
108回 12841名 7911名 71.5%
107回 14202名 10159名 71.5%
106回 17501名 12218名 69.8%
105回 12593名 8634名 68.6%
104回 14559名 9557名 65.6%


秘書検定2級の合格率と難易度

 秘書検定2級は大学生や社会人が多く受験しており、社会人として最低限のビジネススキルのほか、実践的な対応力や判断力も求められるレベルです。面接試験はなく、出題の9割がマークシート形式であるため、難易度はそれほど高くありません。

 合格率は試験の回によって結構な変動があり、40%台まで落ち込むこともあれば、70%を超える回もあります。概ね、秘書検定2級の合格率は50〜60%で推移しています。

 2級は3級と併願することができるため、2級を受ける際に3級を滑り止めとして受験する人も多くいます。2級と3級は1年間に3回受験することができるため、一度落ちたとしてもチャンスが多い検定であると言えます。

 以下に、過去に実施された秘書検定2級の合格率を示します。

受験者数 合格者数 合格率
119回 25629名 12523名 48.9%
118回 28284名 19919名 70.4%
117回 19911名 9535名 47.9%
116回 27212名 15140名 55.6%
115回 28920名 15637名 54.1%
114回 22169名 12624名 56.9%
113回 29843名 16129名 54.0%
112回 32472名 18698名 57.6%
111回 21579名 12373名 57.3%
110回 30727名 16498名 53.7%
109回 32812名 20197名 61.6%
108回 24278名 14670名 60.4%
107回 29187名 17054名 58.4%
106回 31305名 21106名 67.4%
105回 22569名 14562名 64.5%
104回 29327名 15463名 52.7%


秘書検定準1級の合格率と難易度

 秘書検定準1級になると、秘書としての専門的な知識が求められるようになり、一般的な秘書としてのレベルではなく、上級秘書を目指すための出発点レベルとして位置付けられています。2級までは筆記試験のみでしたが、準1級からは面接試験もあり、難易度は大きく上がります。

 合格率は試験の回によって変動があり、まれに20%台まで落ち込むこともあれば、40%を超える回もあります。概ね、秘書検定準1級の合格率は30〜40%で推移しています。

 準1級の出題範囲は2級や3級と同様、「理論」と「実技」からなります。いずれでも60%以上の得点で筆記試験は合格となり、面接試験に進むことができます。

 2級までは筆記試験の9割がマークシート式でしたが、準1級になると記述式5割、マークシート式5割になり、記述試験が増えた分、難易度が上がります。以下に、過去に実施された秘書検定準1級の合格率を示します。

受験者数 合格者数 合格率
119回 4515名 1992名 44.1%
118回 4862名 1944名 40.0%
117回
116回 4829名 1957名 40.5%
115回 5118名 2073名 40.5%
114回
113回 5783名 2152名 37.2%
112回 5693名 2082名 36.6%
111回
110回 6035名 2057名 34.1%
109回 5896名 2010名 34.1%
108回
107回 6028名 2144名 35.6%
106回 5963名 2029名 34.0%
105回
104回 5990名 1932名 32.3%


秘書検定1級の合格率と難易度

 秘書検定1級になると、専門的な秘書業務に対する高度な知識が求められるようになり、上級秘書としてのレベルに位置付けられています。また、2級や3級と違って面接試験があるほか、他の級にはない英語力も求められるようになり、難易度は大きく上がります。

 合格率は試験の回によって変動がありますが、概ね20%台で推移しており、過去5年の結果を見ても、合格率は20〜30%で推移しています。

 1級の出題範囲は2級や3級と同様、「理論」と「実技」からなります。いずれでも60%以上の得点で筆記試験は合格となり、面接試験に進むことができます。

 2級までは筆記試験の9割がマークシート式、準1級は5割がマークシート式5割でしたが、1級はすべてが記述式となり、難易度は大きく上がります。つまり、1級では確かな理解力と応用力が求められています。

 面接試験では「報告」と「対応」の課題がありますが、それ以外にも面接中の態度や立ち振る舞いも審査対象となっています。以下に、過去に実施された秘書検定1級の合格率を示します。

受験者数 合格者数 合格率
119回 1044名 264名 25.3%
118回 987名 291名 29.5%
117回
116回 1073名 237名 22.1%
115回 1090名 260名 23.9%
114回
113回 1092名 343名 31.4%
112回 1151名 332名 28.8%
111回
110回 1179名 386名 32.7%
109回 1099名 365名 33.2%
108回
107回 1154名 404名 35.0%
106回 1064名 365名 34.3%
105回
104回 1058名 322名 30.4%



関連記事
秘書技能検定の概要
秘書技能検定の出題形式
秘書技能検定の合格基準
3級 3級の出題範囲と審査基準
2級 2級の出題範囲と審査基準
準1級 準1級の出題範囲と審査基準
1級 1級の出題範囲と審査基準
秘書の資格には何がある?