本文へスキップ

秘書検定1級・準1級・2級・3級の合格に向けてしっかりサポート!

> > キータッチ2000テスト

キータッチ2000テストはどんな試験?

 キータッチ2000テストは日本商工会議所が主催する試験で、パソコン操作の基本となるキーボード操作の技能を測るのが目的で行われています。キータッチ2000テストがどのような検定か理解しておきましょう。

<この記事の著者> うさっぴ先生
 秘書を目指す人だけでなく、社会人としての基本となるビジネスマナーを身につけたい人が資格取得できるよう、秘書検定をわかりやすく解説します。

目次



キータッチ2000テストとは


 キータッチ2000テストは日本商工会議所が主催する試験で、パソコン操作の基本となるキーボード操作の技能を測るのが目的で行われています。

 ビジネスシーンにおいてパソコンを操作する際、キーボードによる入力は必須となりますが、最近はスマホによる入力ばかりが行われ、キーボード入力が苦手という学生が増えています。

 このキータッチ2000テストでは合否を判定するのではなく、あなたのキーボード操作技能がどのくらいかを証明する試験となっており、10分間の試験時間中に入力できた文字数で技能を証明します。

 そのため、この試験はキーボード操作が苦手な初心者はもちろんのこと、正しい入力方法を身につけたい人、もっとミスなく速く入力できるようになりたい人に適しています。

 なお、試験はネット環境のある試験会場で問題をインターネットでダウンロードして行い、試験開始から10分が経過すると自動的に採点されます。

キータッチ2000テストの試験概要


 キータッチ2000テストの概要を以下に示します。

受験資格 制限はなく誰でも受験できる
試験地 全国各地(検定ホームページで確認)
試験日程 試験施行機関に問い合わせる
判定方法
 等級ではなく試験時間中(10分間)に入力できた文字数で技能を証明する

試験方法
 問題は、アルファベット、数字、記号の2000字で構成され、ランダム配列、ローマ字、英単語などの形式で出題される。試験用CD−ROMを使い、ディスプレイ上に表示された試験問題のカーソルが示す文字を入力する。
(出題文字)
 a〜z A〜Z 0〜9 !”#$%&’()=−@:;+*.,/<>?¥

受験料 1540円(税込)
実施団体
日本商工会議所
〒100−0005 東京都千代田区丸の内3−2−2
電話03−5777−8600




関連記事
CBS(国際秘書)検定
実用マナー検定
ビジネス実務マナー検定
ビジネス文書検定
TOEICテスト
日商ビジネス英語検定
実用英語技能検定(英検)
パソコン検定試験(P検)
ファイリング・デザイナー検定
話しことば検定
硬筆書写検定
速記技能検定