本文へスキップ

秘書検定1級・準1級・2級・3級の合格に向けてしっかりサポート!

> > 実用英語技能検定(英検)

実用英語技能検定(英検)とはどんな検定?

 実用英語技能検定は通称「英検」として広く知られており、英語初心者から上級者まで、学習レベルに応じて7段階の級で幅広い人のニーズにこたえています。3級以上は1次試験の筆記に加えて面接があり、口頭によるコミュニケーション能力が審査されます。英検がどのような検定か理解しておきましょう。

<この記事の著者> うさっぴ先生
 秘書を目指す人だけでなく、社会人としての基本となるビジネスマナーを身につけたい人が資格取得できるよう、秘書検定をわかりやすく解説します。

目次



実用英語技能検定(英検)


 実用英語技能検定は通称「英検」として広く知られており、公益財団法人日本英語検定協会が実施している検定であり、文部科学省も後援しています。

 英語初心者から上級者まで、学習レベルに応じて7段階の級で幅広い人のニーズにこたえています。3級以上は1次試験の筆記に加えて面接があり、口頭によるコミュニケーション能力が審査されます。

 受験者数も非常に多く2018年度実施分で見ると、小学生以下が約41万人、中学・高校が約296万人、大学が約7万人、その他が約40万人、合計で約385万人程度となっています。全体の中では中学・高校生の受験者数が群を抜いています。

 日本での英語教育は近年強化されるようになり、それに伴って受験者数も年々増加しています。2014年度の受験者数が約263万人であったことを考えると、いかに受験者数が伸びているかがわかります。

 一般社会人の英語力としては2級レベルが基本ですが、秘書として現場で使える英語が必要な場合は準1級以上が理想的であると言えます。

実用英語技能検定(英検)の試験概要


 実用英語技能検定(英検)の概要を以下に示します。

受験資格 制限はなく誰でも受験できる
試験地 全国約230都市
試験日程 年3回 (1次:6月、10月、1月、 2次:7月、11月、2月)
試験方法
○1級〜3級
 1次:筆記試験、2次:面接試験

○4級・5級
 1次:筆記試験のみ

各級のレベル
○1級
 広く社会生活に必要な英語を十分に理解し、自分の意思を表現できる
 (大学上級程度)
○準1級
 日常生活や社会生活に必要な英語を理解し、特に口頭で表現できる
 (大学中級程度)
○2級
 日常生活や職場に必要な英語を理解し、特に口頭で表現できる
 (高校卒業程度)
○準2級
 日常生活に必要な平易な英語を理解し、特に口頭で表現できる
 (高校中級程度)
○3級
 基本的な英語を理解し、特に口頭で表現できる
 (中学卒業程度)
○4級
 基礎的な英語を理解し、平易な英語を聞く事、話す事ができる
 (中学中級程度)
○5級
 初歩的な英語を理解し、簡単な英語を聞く事、話す事ができる
 (中学初級程度)

実施団体
(財)日本英語検定協会
〒162−8055 東京都新宿区横寺町55番地
電話03−3266−5555



関連記事
CBS(国際秘書)検定
実用マナー検定
ビジネス実務マナー検定
ビジネス文書検定
TOEICテスト
日商ビジネス英語検定
キータッチ2000テスト
パソコン検定試験(P検)
ファイリング・デザイナー検定
話しことば検定
硬筆書写検定
速記技能検定