秘書技能検定試験1級・準1級・2級・3級をしっかりサポート

 秘書検定ガイド
 秘書検定ガイド
TOEICテスト

 TOEICテストは英語のコミュニケーション能力を評価するテストとして広く認知されており、就職・転職の際の英語力のアピール材料として使われています。実際、社員の採用時にTOEICのスコアを考慮する企業は約54%という調査結果もあります。TOEICテストは合否ではなく、試験結果を10〜990点のスコアで示すのが特徴です。日本人の平均は約570点で、750点以上はビジネス現場で使える英語力があると評価されます。TOEICテストの概要を以下に示します。

受験資格  制限はなく誰でも受験できる
試験地  全国約80ヵ所
試験日程  年8回 (5月、6月、7月、9月、10月、11月、1月、3月)
試験方法
 筆記試験(択一式)

出題領域
○Listening Comprehension
 テープに吹き込まれた会話やナレーションを聞いて設問に解答する
 @写真描写問題(20問)
 A応答問題(30問)
 B会話問題(30問)
 C説明文問題(20問)

○Reading
 印刷された問題を呼んで設問に解答する
 @文法・語彙問題(40問)
 A誤文訂正問題(20問)
 B誤解問題(40問)

実施団体
 (財)国際ビジネスコミュニケーション協会 TOEIC運営委員会
 電話03−3581−4701







  秘書能力検定

  CBS(国際秘書)検定

  実用マナー検定

  ビジネス実務マナー検定

  ビジネス文書検定

  日商ビジネス英語検定

  実用英語技能検定(英検)

  キータッチ2000テスト

  パソコン検定試験(P検)

  ファイリング・デザイナー検定

  話しことば検定

  硬筆書写検定

  速記技能検定

  トップページへ


 
Copyright(c)2014. 秘書検定ガイド All rights reserved
記載内容が変更になっている事がありますので、各自の責任でお願いします