秘書技能検定試験1級・準1級・2級・3級をしっかりサポート

 秘書検定ガイド
 秘書検定ガイド
実用英語技能検定(英検)

 実用英語技能検定は通称「英検」として広く知られており、英語初心者から上級者まで7段階のレベルで幅広い人のニーズにこたえています。3級以上は1次試験の筆記に加えて面接があり、口頭によるコミュニケーション能力が審査されます。一般社会人の英語力としては2級レベルが基本ですが、秘書として現場で使える英語が必要な場合は準1級以上が理想的でしょう。実務英語技能検定の概要を以下に示します。

受験資格  制限はなく誰でも受験できる
試験地  全国約230都市
試験日程  年3回 (1次:6月、10月、1月、 2次:7月、11月、2月)
試験方法
○1級〜3級
 1次:筆記試験、2次:面接試験

○4級・5級
 1次:筆記試験のみ

各級のレベル
○1級
 広く社会生活に必要な英語を十分に理解し、自分の意思を表現できる
 (大学上級程度)
○準1級
 日常生活や社会生活に必要な英語を理解し、特に口頭で表現できる
 (大学中級程度)
○2級
 日常生活や職場に必要な英語を理解し、特に口頭で表現できる
 (高校卒業程度)
○準2級
 日常生活に必要な平易な英語を理解し、特に口頭で表現できる
 (高校中級程度)
○3級
 基本的な英語を理解し、特に口頭で表現できる
 (中学卒業程度)
○4級
 基礎的な英語を理解し、平易な英語を聞く事、話す事ができる
 (中学中級程度)
○5級
 初歩的な英語を理解し、簡単な英語を聞く事、話す事ができる
 (中学初級程度)

実施団体
 (財)日本英語検定協会
 〒162−8055 東京都新宿区横寺町55番地
 電話03−3266−5555







  秘書能力検定

  CBS(国際秘書)検定

  実用マナー検定

  ビジネス実務マナー検定

  ビジネス文書検定

  TOEICテスト

  日商ビジネス英語検定

  キータッチ2000テスト

  パソコン検定試験(P検)

  ファイリング・デザイナー検定

  話しことば検定

  硬筆書写検定

  速記技能検定

  トップページへ


 
Copyright(c)2014. 秘書検定ガイド All rights reserved
記載内容が変更になっている事がありますので、各自の責任でお願いします