秘書技能検定試験1級・準1級・2級・3級をしっかりサポート

 秘書検定ガイド
 秘書検定ガイド
秘書の資格とは

 秘書には国家資格があるわけではないため、資格がなくても秘書職として採用されれば秘書として働く事ができます。しかし秘書として業務を行うためには、秘書に必要な技能や仕事の進め方、マナーや気配りの仕方について知っておかなければならないため、やはり秘書としての勉強が必要になります。秘書の資格はその技量を示す1つの手段といってよいでしょう。

 秘書に関連する資格はいくつかあり、最も代表的なのが文部科学省認定の公的資格である秘書技能検定です。この試験は社会人の一般常識を示すものとして、学生が就職に備えたり、企業や公的機関が職員の教育の一環として、秘書職志望以外の多くの人が受験しています。このほかにも秘書に関連する資格として、オフィスの実務や社会人としてのマナーに関する能力を問う民間検定試験が多くあります。代表的な資格試験を以下に示します。

名称 等級区分 概要
秘書技能検定 1級、準1級、
2級、3級

 文部科学省認定の検定試験で、(財)実務技能検定協会が実施している。出題範囲は@秘書の資質、A職務知識、B一般知識 Cマナー・接遇、D技能の5領域からなり、1級と準1級の筆記試験合格者のみに面接試験がある。

秘書能力検定 1級、2級、3級
 (社)全国経理学校協会が実施する民間資格であり、出題範囲は秘書技能検定と類似しているが、面接試験は行われない。

CBS(国際秘書)
検定
なし
 等級区分はなく、プライマリー試験とファイナル試験からなる。バイリンガル秘書を認定する検定であり、外資系企業で評価が高い。

ビジネス文書検定 1級、2級、3級
 ビジネスで必要とされる文書の作成能力や取り扱いに関わる知識を評価する検定試験。

ビジネス実務
マナー検定
1級、2級、3級
 ビジネスのさまざまな場面で必要とされるマナー・常識を問う検定で、なかでも社会人としての常識やマナー、コミュニケーション能力などの要素を重視した内容となっている。

実用マナー検定 1級、準1級、
2級、3級

 社会人としてのマナーを問う検定で、全100問の筆記試験が行われる。出題内容としては、あいさつや言葉遣い、食事、コミュニケーションなどに必要なマナーなど。






  秘書の役割とは

  秘書の業務内容

  秘書の給料と勤務形態

  トップページへ


 
Copyright(c)2014. 秘書検定ガイド All rights reserved
記載内容が変更になっている事がありますので、各自の責任でお願いします