秘書技能検定試験1級・準1級・2級・3級をしっかりサポート

 秘書検定ガイド
 秘書検定ガイド
秘書技能検定の合格基準

 秘書技能検定の筆記試験は各級とも「理論」と「実技」の2分野から出題されており、理論は「T秘書の資質」「U職務知識」「V一般知識」の3つ、実技は「Wマナー・接遇」「X技能」の2つの領域から構成されています。合格基準はこの理論・実技の分野でそれぞれ60%以上の正解が必要とされています。つまりどちらか一方の分野で高得点を挙げても、もう一方が60%以下の正解率であれば不合格となるため、バランスよく得点する必要があるのです。

 試験の級によって理論・実技の出題バランスは異なっており、2級・3級では35問中実技が22問で6割強、準1級では20問中実技が14問で7割を占めています。また、実技の中でもマナー・接遇の出題割合がとりわけ多くなっているといえます。各級の出題割合を以下に示します。

出題形式 秘書の資質 職務知識 一般知識 マナー・
接遇
技能
3級 択一式 10
記述式
2級 択一式 10
記述式
準1級 択一式
記述式






  秘書技能検定の概要

  筆記試験の出題範囲

  秘書技能検定の出題形式

  3級の出題範囲と審査基準

  2級の出題範囲と審査基準

  準1級の出題範囲と審査基準

  1級の出題範囲と審査基準

  秘書技能検定の受験者の傾向

  トップページへ


 
Copyright(c)2014. 秘書検定ガイド All rights reserved
記載内容が変更になっている事がありますので、各自の責任でお願いします