秘書技能検定試験1級・準1級・2級・3級をしっかりサポート

 秘書検定ガイド
 秘書検定ガイド
キータッチ2000テスト

 キータッチ2000テストは日本商工会議所が主催する試験で、パソコン操作の基本となるキーボード操作の技能を測るのが目的で行われています。試験結果は合否ではなく、10分間の試験時間中に入力できた文字数で技能を証明します。試験はCD−ROM試験とネット試験の2種類があります。キータッチ2000テストの概要を以下に示します。

受験資格  制限はなく誰でも受験できる
試験地
 CD−ROM試験:全国各地の商工会議所の指定会場
 ネット試験:検定ホームページで確認

試験日程
 CD−ROM試験:各地の商工会議所で決定
 ネット試験:試験施行機関に問い合わせる

判定方法
 等級ではなく試験時間中(10分間)に入力できた文字数で技能を証明する

試験方法
 問題は、アルファベット、数字、記号の2000字で構成され、ランダム配列、ローマ字、英単語などの形式で出題される。試験用CD−ROMを使い、ディスプレイ上に表示された試験問題のカーソルが示す文字を入力する。
(出題文字)
 a〜z A〜Z 0〜9 !”#$%&’()=−@:;+*.,/<>?¥

実施団体
 日本商工会議所
 〒100−0005 東京都千代田区丸の内3−2−2
 電話03−5777−8600







  秘書能力検定

  CBS(国際秘書)検定

  実用マナー検定

  ビジネス実務マナー検定

  ビジネス文書検定

  TOEICテスト

  日商ビジネス英語検定

  実用英語技能検定(英検)

  パソコン検定試験(P検)

  ファイリング・デザイナー検定

  話しことば検定

  硬筆書写検定

  速記技能検定

  トップページへ


 
Copyright(c)2014. 秘書検定ガイド All rights reserved
記載内容が変更になっている事がありますので、各自の責任でお願いします