秘書技能検定試験1級・準1級・2級・3級をしっかりサポート

 秘書検定ガイド
 秘書検定ガイド
1級の出題範囲と審査基準

 秘書技能検定1級の合格に求められている水準は、秘書の職務について理解を十分に持ち、専門的な秘書業務に関して高度な知識、技能を発揮することができることと定義されています。これは上級秘書として専門的な業務がこなせるレベルであり、上司から仕事面で信頼されるくらいの能力が基準といえます。試験には準1級までの出題領域に加えて、英検2級程度の英語に関する項目が加わります。秘書技能検定1級の具体的な審査基準を以下に示します。

 T秘書の資質 1.秘書として備える
 べき要件
専門的な仕事について十分に処理する能力がある。判断力、記憶力、表現力、行動力がある。機密を守れる、機転が利くなどの資質を備えている。
2.要求される人柄 身だしなみを心得、良識がある。
誠実、明朗、素直などの資質を備えている。
 U職務知識 1.秘書の役割と機能 秘書の役割と機能を知っている。
上司の機能と、秘書の機能の違いを知っている。
 V一般知識 1.社会常識 社会常識を備え、時事問題について十分な知識がある。
2.経営学 経営学、経営管理について、一般的な知識がある。
3.一般会計・財務 簿記、会計、財務について一般的な知識がある。
4.経営法務 商法、手形法、小切手法について、一般的な知識がある。
 Wマナー・接遇 1.人間関係 人間関係の理論を十分に知っている。
2.マナー 社会常識、ビジネスにおけるマナーを十分に心得ている。
3.話し方・接遇 話し方と人間関係の結びつきがわかる。
高度な敬語の活用ができ接遇用語が使える。
複雑な面接会話、電話会話、複雑で長い報告、説明、複雑な苦情処理、説得、真意をとらえる聞き方ができる。
忠告が受けられ、忠告のしかたを十分に理解している。
状況に応じた言葉遣いが十分にできる。
4.交際の業務 慶事・弔事の次第、庶務を心得、専門的な情報収集と処理ができ、贈答のマナーを専門的に知っている。
上司加入の諸会の事務を扱う事ができる。
広告、寄付などに関する取り扱いと事務ができる。
 X技能 1.会議 会議に関する知識、会議の進行、手順について知識がある。
会議の計画、準備、事後処理が十分にできる。
2.文書の作成 社内外文書の作成、口述の要領筆記ができる。
会議の議事録が作成できる。
折れ線グラフ、棒グラフ、円グラフを書く事ができる。
3.文書の取り扱い 受発信事務ができる。
郵送方法、秘扱い文書の取り扱いについて十分な知識がある。
4.事務機器 事務機器の適切な選択と使用ができる。
5.ファイリング 適切なファイルの作成、整理、保管ができる。
6.資料管理 名刺の整理が十分にできる。
与えられたテーマの簡単な情報収集、整理ができる。
業務上必要な資料類の整理、保管、要求された社内の資料を探すことができる。
7.スケジュール管理 上司のスケジュール管理が十分にできる。
8.環境の整備 オフィスレイアウトの知識を持ち、オフィスの整備、管理ができる。
9.事務用備品・
 事務用品
事務用備品・事務用品の使用、選択、配置、補充などができる。
10.英語 (財)日本英語検定協会が実施する文部科学省認定の実用英語検定試験2級以上、またはそれに相当する実力がある。






  秘書技能検定の概要

  筆記試験の出題範囲

  秘書技能検定の出題形式

  3級の出題範囲と審査基準

  2級の出題範囲と審査基準

  準1級の出題範囲と審査基準

  秘書技能検定の合格基準

  秘書技能検定の受験者の傾向

  トップページへ


 
Copyright(c)2014. 秘書検定ガイド All rights reserved
記載内容が変更になっている事がありますので、各自の責任でお願いします