秘書技能検定試験1級・準1級・2級・3級をしっかりサポート

 秘書検定ガイド
 秘書検定ガイド
秘書技能検定試験の出題形式

 秘書技能検定の出題形式は各級によって異なっています。2級、3級は筆記試験のみで、問題の9割ほどがマークシート式の五肢択一問題となっています。記述式は単語やフレーズの穴埋め問題がほとんどであり、簡単なグラフ作成やビジネス文書の穴埋め問題なども出題されます。準1級の筆記試験は択一問題が約5割、残りが記述問題で、1級の筆記試験はすべて記述式となっています。級が上がるごとに試験内容も複雑になり、文章で記述するパターンも増えます。

 また、準1級と1級の試験には筆記試験のほかに面接試験もあります。面接試験は筆記試験合格者のみ受ける事ができます。各級の出題形式を以下に示します。

3級 (筆記試験)
 5肢択一問題が9割、残りが記述問題
2級 (筆記試験)
 5肢択一問題が9割、残りが記述問題
準1級 (筆記試験)
 5肢択一問題が5割、残りが記述問題

(面接試験)
 3人1組で約10分間、簡単なロールプレイング(あいさつ、報告、状況対応)などを行う
1級 (筆記試験)
 すべて記述問題

(面接試験)
 2人ずつで15分程度のロールプレイング(報告、応対など)と質疑応答を行う






  秘書技能検定の概要

  筆記試験の出題範囲

  3級の出題範囲と審査基準

  2級の出題範囲と審査基準

  準1級の出題範囲と審査基準

  1級の出題範囲と審査基準

  秘書技能検定の合格基準

  秘書技能検定の受験者の傾向

  トップページへ


 
Copyright(c)2014. 秘書検定ガイド All rights reserved
記載内容が変更になっている事がありますので、各自の責任でお願いします