秘書技能検定試験1級・準1級・2級・3級をしっかりサポート

 秘書検定ガイド
 秘書検定ガイド
CBS(国際秘書)検定

 CBS(国際秘書)検定は(社)日本秘書協会が実施しているもので、外資系企業などで経営陣をサポートするバイリンガル秘書に必要な能力を評価する検定です。試験はプライマリー試験とファイナル試験の2つのレベルに分かれており、プライマリー試験に合格すると「準CBS」として認定され、ファイナル試験に合格すると「CBS認定証」が授与されます。

 CBSは英語能力が求められる事はもちろんのこと、ビジネス現場のニーズに対応できる高度な実務能力と成熟した人間性が求められる専門職といえます。企業のグローバル化に伴ってCBSの需要も高まっていますが、有資格者が2005年段階で約400人と少ないのが現状ですCBS検定の概要を以下に示します。

受験資格
 プライマリー試験(=準CBS):誰でも受験できる
 ファイナル試験:プライマリー試験の合格者

試験地  東京、名古屋、大阪(ファイナル試験は東京のみ)
試験日程
 プライマリー試験:5月 ファイナル試験:10月

試験方法
 筆記および面接審査

試験科目
○プライマリー試験
 PartT オフィス実務
 PartU ビジネス日本語
 PartV ビジネス英語

○ファイナル試験
 PartT 秘書適性、秘書業務管理・レコードマネジメント、経営・会計・法律
      に関する知識
 PartU 秘書業務(インバスケット方式)
 PartV 英文ビジネス文書に関する知識と応用
 PartW 日英両語による個人面談

実施団体
 (社)日本秘書協会
 〒103−0028 東京都中央区八重洲1−6−2
 八重洲ビル8F
 電話03−3271−0801







  秘書能力検定

  実用マナー検定

  ビジネス実務マナー検定

  ビジネス文書検定

  TOEICテスト

  日商ビジネス英語検定

  実用英語技能検定(英検)

  キータッチ2000テスト

  パソコン検定試験(P検)

  ファイリング・デザイナー検定

  話しことば検定

  硬筆書写検定

  速記技能検定

  トップページへ


 
Copyright(c)2014. 秘書検定ガイド All rights reserved
記載内容が変更になっている事がありますので、各自の責任でお願いします