秘書技能検定試験1級・準1級・2級・3級をしっかりサポート

 秘書検定ガイド
 秘書検定ガイド
パソコン検定試験(P検)

 パソコン検定はパソコンを使いこなす技能を評価する試験の中で最も一般的なものです。試験のレベルは1級、準1級、2級、3級、4級、4級ベーシック、準4級、5級の8段階に分かれており、1級取得者は企業などの情報化推進リーダーとして活躍できるレベルと評価されます。一般企業の入社時に最低限必要とされるレベルは4級であるので、秘書の場合は3級レベルのスキル取得を目標としましょう。パソコン検定試験の概要を以下に示します。

受験資格  誰でも受験できる(準1級・1級は下位級の合格者のみ)
試験地  全国の認定校
試験日程  随時
試験方法
 CBT方式(コンピュータ上でのテスト)
 (3級の場合)
 @タイピングテスト
 A選択式テスト
 B操作シミュレーションテスト

各級のレベル
○1級
 情報化推進リーダー
○準1級
 情報化推進アシスタント
○2級
 IT利活用マスター(ネットワーク上のトラブルに対してユーザーレベルで対処できる)
○3級
 基本的活用能力習得者(一般的な企業入社時に必要なレベル)
○4級ベーシック
 日常で利用する基本的操作の習得者(ワープロ・表計算ソフト・インターネットの基本的な操作)
○準4級
 日常で利用する初歩的な操作の習得者(ワープロ・表計算ソフト・インターネットの初歩的な操作)
○5級
 入門者(まだ実際に触れてはいないが、用語などは知っている)

実施団体
 パソコン検定協会事務局
 〒171−0042 東京都豊島区高松1−11−16 フジタビル3F
 電話03−5338−8784







  秘書能力検定

  CBS(国際秘書)検定

  実用マナー検定

  ビジネス実務マナー検定

  ビジネス文書検定

  TOEICテスト

  日商ビジネス英語検定

  実用英語技能検定(英検)

  キータッチ2000テスト

  ファイリング・デザイナー検定

  話しことば検定

  硬筆書写検定

  速記技能検定

  トップページへ


 
Copyright(c)2014. 秘書検定ガイド All rights reserved
記載内容が変更になっている事がありますので、各自の責任でお願いします