秘書技能検定試験1級・準1級・2級・3級をしっかりサポート

 秘書検定ガイド
 秘書検定ガイド
秘書技能検定試験の受験者の傾向

 秘書技能検定の受験者の職業別割合を見てみると、各級によってその割合は大きく異なっています。3級では高校生が38%と最も多く、次いで専門学校生、大学生の順になっています、2級では大学生が45%を占め、専門学校生、短大生、高校生、会社員と続きます。準1級になると大学生が37%、会社員が14.8%で、専門学校生、短大生と続きます。全体的に学生の受験が多く、就職の準備や社会人としての常識を学生のうちに身に付けておきたいといった動悸がうかがえます。

 その一方で、企業の現場においても秘書技能検定が社員教育に活用されており、一般社員のマナー・接遇に対する意識の向上、新入社員のための社会性の養成などが目的とされています。今や秘書技能検定は秘書としての能力を測るだけでなく、社会人の基礎能力養成に役立つツールとして社会的に評価されているといえるでしょう。







  秘書技能検定の概要

  筆記試験の出題範囲

  秘書技能検定の出題形式

  3級の出題範囲と審査基準

  2級の出題範囲と審査基準

  準1級の出題範囲と審査基準

  1級の出題範囲と審査基準

  秘書技能検定の合格基準

  トップページへ


 
Copyright(c)2014. 秘書検定ガイド All rights reserved
記載内容が変更になっている事がありますので、各自の責任でお願いします